日産、60万台リコール

北米日産は11日、小型ピックアアップトラックの『フロンティア』、小型SUVの『エクステラ』、小型セダンの『セントラ』の3車種、合計60万5000台をリコール(改修・無償修理)すると発表しました。

不具合の内容は、フロンティアとエクステラがステアリングコラムジョイント、セントラがバッテリーのケーブルターミナル。最悪の場合、前者ではステアリングシャフトが折れ、後者では低速走行時にエンジンが停止する恐れがあるといいます。

対象となるのは、米国、カナダ、メキシコ、アルゼンチン、ブラジルなどで販売されたフロンティア30万3000台とエクステラ28万3000台。米国で2001年7月から05年1月にかけて、ブラジルで01年11月から08年6月にかけて生産されたモデルが該当します。

またセントラは、米国、メキシコ、カナダ、アルゼンチン、ブラジルなどで販売された1万8500台。メキシコで、今年5月から7月にかけて製造されたモデルが対象だ。

なお、今回のリコール対象車は、日本では販売されていません。


画像


画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック